即日融資に最適なのはどこ?

即日融資をしたいと希望するのであれば気になるポイントが、どれぐらい待てば審査結果が出るのかという点です。

 

最近では大半のキャッシング会社で速やかな審査を目指しているので、早い時には30分で審査が完了することもあります。

 

しかし、カードローンも銀行のものだと審査基準が厳しい傾向なので、審査が遅いとの声もあります。

 

銀行カードローンは金利の低さが自慢なので、消費者金融系と比べると厳しめの審査が行われるのが不便な点です。これに対し、消費者金融系のカードローンの場合には審査スピードがとても早いので、即日キャッシングをしたい時にメリットを享受できる借入先だといえます。

 

100万円、200万円というような金額の大きな借り入れを考えているなら、掛かる金利は何よりも強く意識すべき項目と言えます。借り入れした金額が多ければ金利差が数パーセントあるだけで支払い利息が大きな差となるからです。

 

ところが、借り入れが10万円規模の時や即日融資が重要なケースでは、銀行系の場合より多くの金利を払わなければならないですが、即日審査が強みの消費者金融がおすすめの選択肢です。借り入れ申し込み時の金額や目的に応じて銀行系か消費者金融系かを選択しましょう。

 

即日借入が希望なら、最初にネット申し込をしましょう。融資された現金をどう受け取るかは、銀行口座への振込みと自動契約機に入って現金を受け取る2通りの選択肢があります。

 

銀行での振り込みを利用するケースでは、ネット銀行(楽天銀行など)であればほとんどリアルタイムで入金が口座に反映されます。しかし、通常の金融機関に振り込んでもらうケースでは振込された時間帯によって引き出せるタイミングが変わります。夕方にお金の振り込みをしてもらったとしても、入金手続きが行われるのは次の営業日となってしまうのです。

 

夕方以降で即日融資をしてほしいなら、無人機を使うのがポイントです。

 

まずオンラインで申し込んでから無人機で所定の手続きを済ませれば、カード発行がすぐに行われて現金を受け取れます。

 

50万円以下のキャッシングであれば収入証明書を出す必要がないので、手軽に利用できます。この流れであれば、仕事で遠方にいるときなどで現金が必要になったケースとき、銀行からの振り込みだと当日は間に合わない時間でもお金を貸してもらえます。

 

ネット申し込みを済ませたのち、自動契約機に行ってカードを受け取るのが一番早い流れです。

 

アコムやアイフルなど大手消費者金融であれば、夜間であっても自動契約機を利用すればお金が借りられます。仕事が終わった時間でも今日中にお金を借りたいニーズがあるなら、スマホなどで申込みをした後、無人機へ行きましょう。

もしも返済に遅れたら…

借りたお金を受け取るまでは割と簡単にできますが、大事なのは返済です。トラブルにならない為にも、返済の基本的なことについて知っておくべきです。

 

多くのキャッシング会社では、口座からの引き落としかATM入金での返済方法が任意で選択できます。

 

方法は何にせよ月ごとの返済日に定められた返済最少額を返す必要があります。

 

ここまでは、たいていの方が知っていることだと思います。ですが余分な利息を払わなくて済むよう、繰り上げ返済が可能な点については知らない人は意外と多いです。

 

元金残高が減少すれば全体的には利息を軽減できるのです。まずほとんどのキャッシングで繰り上げ返済をすることができます。

 

ただ、繰上げ返済をすることができるのは「原則はATMからのみ」というのが主流ですから、そこは確認しておくと良いでしょう。

 

また、そのときに注意したいのが振り込み手数料です。この点はそれぞれの会社で事情が異なるところなので、各キャッシング会社のホームページなどで確かめておきましょう。

 

次に覚えておくべき知識は、万一返済が遅れてしまったときのことです。

 

ちょっとでも返済が遅くなってしまったら怖ろしい取り立て屋が自宅や会社に押しかけてくるのではないかと心配する人もいるようですが、正しく法律を守って融資をおこなっている業者はそんなことはおこないません。

 

まずその金融業者のコールセンターより電話で連絡があります。入金の確認ができませんでしたのでご連絡しました。という調子で、ソフトな感じで掛かってくるのでやたらに心配しなくても大丈夫です。

 

電話がつながらない状況がずっと続くと、勤め先に電話が来たり、家に催促状が届いたりします。

 

そういう事態になる前に、返済がどうしても苦しいのであれば、こちらの方からどんなスケジュールなら返済できるか相談してみましょう。

 

業者側も貸し倒れになられると困るので、返済意志がある人に対しては話を聞いてくれるケースもありますので。

 

返済の遅延が数日程度ならばあまり大変な問題にはなりませんが、遅延損害金を払わなくてなりません。一般的なキャッシングのケースですと、年率20.0%という高金利で返済予定日から遅れた分だけ日割りで加算されます。

 

しかし普通は滞納が2〜3ヶ月を過ぎると信用情報に延滞の記録が残ってしまいます。その事故情報がいわゆるブラックリストです。

 

このように事故情報があると融資を希望する場合でも信用情報を調べられるので、新しく借りることは大変難しくなります。

 

さらに、融資だけでなくクレジットカードを作るときにも信用情報機関で情報を確認するため、クレジットカードの新規発行はまず無理です。

 

この事故情報がいつまで残るかと言えば、信用情報機関によって若干の違いはありますが返済の遅延なら5年程度です。

 

キャッシングの返済に関する基本的なところを解説しましたが、どれも大事なところです。

 

特に「もしも返済が遅れたら?」という点は絶対に理解しておくべきです。

 

名前が広く知られた大手の金融会社では、ドラマのような乱暴な取り立てはしません。とは言え、返済を迫られるというのはあまり気分が良いものではありません。そういう事態を防ぐため、借り入れは計画的に行いましょう。